ここから本文です

【SB】那須川天心の妹、関西で話題のツヨカワ姉妹の姉に敗れる

7/8(土) 15:50配信

イーファイト

シュートボクシング協会
「SHOOT BOXING Girls S-cup2017」
2017年7月7日(金)東京・TDCホール

【フォト】那須川のスタミナを奪った田川のボディへのヒザ蹴り

▼第1試合 43.0㎏契約 SBセミプロマッチルール 2分3R延長1R
〇田川女神(TIA辻道場)
判定3-0 ※30-29、30-29、30-28
●那須川梨々(TEPPEN GYM)

 SBセミプロマッチで注目の一戦が組まれた。“神童”那須川天心の妹、那須川梨々と田川女神が対戦。

 14歳の梨々は兄の天心と同じく幼い頃からTEAM TEPPENの会長を務める父・那須川弘幸氏から指導を受けてきた逸材。これまでに各団体のアマチュア大会で活躍し、Bigbangなどのタイトルを保持している。兄と同様にスピードある攻撃は見応え十分。

 対する13歳の田川は関西ジュニアキック界で活躍し、“関西のツヨカワ(強くて可愛い)姉妹”と話題になっている、田川姉妹の姉(妹は田川愛心)。アマチュアで30戦のキャリアを誇るだけでなく、今年3月にはムエタイの試合に憧れ、妹と共にタイ武者修行へ。生足での草ムエタイの試合を2試合経験し連勝している。

 1R、田川が体格差(田川が156㎝、那須川が151㎝)を活かし、前に出て前蹴りを当てる。那須川は組み付いての投げを狙うが失敗。両者打撃で近づき組み合う展開。

 2Rも組み合う展開となり、体格の小さい那須川が転倒させられる場面が多い。

 3R、田川が左ハイ。終盤には那須川の右ストレートがヒットし、そのまま組み付いてシュートポイントを狙うが投げられず。那須川が最後に攻め込み試合終了、組み勝っていた田川の勝利となった。

最終更新:7/8(土) 15:50
イーファイト