ここから本文です

“兼任OK”な7人のラストアイドル、秋元康全面プロデュースで始動 8月からテレビ番組

7/8(土) 11:23配信

ねとらぼ

 AKB48グループなどの総合プロデューサーを務める秋元康さんが、7人組のアイドルグループを新たに手掛けることが発表されました。プロアマ問わず、他グループなどとの兼任も認め、テレビ朝日系列で8月から放送される新番組「ラストアイドル」で挑戦者との下克上パフォーマンス対決を経てメジャーデビューしていくオーディションスタイルとなっています。

【最後に残ったラストアイドルは、最強のグループ】

 オーディションは、14歳から26歳までの女性が応募可能で、既に他グループで活動していたり、事務所に所属していても所属事務所の許可があれば参加可能。Webや郵送で7月8日から応募を受け付けており、7月中に7人を選出後、番組収録で「挑戦者」とのパフォーマンス対決というメンバー入れ替えバトルを行いながらメンバーを入れ替え、最後まで勝ち残った7人がメジャーデビューします(挑戦者も同オーディションで決定)。なお、番組の総合演出は、「カノッサの屈辱」「料理の鉄人」「クイズ$ミリオネア」などで知られる田中経一さんです。

 秋元さんは、ポルトガル語で“金鉱採掘人”を意味する“ガリンペイロ”という言葉を用い、「ダイヤモンドの原石を探すためには、より多くのガリンペイロたちの手を借りなければいけません。そして、その原石を磨くためには、同じような輝きを持ったダイヤモンドで磨くしかありません」とサバイバルオーディションの意図を説明。「たった7つしかない椅子をめぐって、才能ある者たちが戦い、審査員たちが判定し、最後に残ったラストアイドルは、最強のグループになると思います。新たなる出会いを楽しみにしています」と、呼び掛けています。

 兼任OKというアイドルの枠を超えた異種格闘技戦。最強のアイドル誕生となるでしょうか。

最終更新:7/8(土) 11:23
ねとらぼ