ここから本文です

他球団から巨人に疑問の声「なぜ山本を使わない?」

7/8(土) 14:15配信

東スポWeb

 巨人が7日の阪神戦(甲子園)に5―1で快勝した。ただ、チームに長年横たわる「二塁手問題」は混迷を深めている。この日は中井大介内野手(27)が先発出場したが、ライバル球団からは「なぜ山本を使わないのか?」と疑問の声が噴出。首脳陣の間でも“正二塁手”を誰にするべきなのか意見がまとまらないまま前半戦終了が近づいている。

【写真】“正二塁手”への期待がかかる山本

 理想的な試合展開だった。先発マイコラスが8回1失点、121球の力投で阪神打線をネジ伏せれば、打線も一発を含む3安打の長野をはじめ、3番・坂本が3安打、4番・阿部が2安打1打点、5番・村田が先制打。由伸監督も「主軸が打ってくれるとチームが乗る。そういった意味ではみんながいい打撃をしてくれた」と納得の表情だった。

 とはいえ、まだ借金は9で5位のまま。再浮上するためにも懸念材料は一つずつ解消していく必要がある。この日、他球団の偵察部隊が首をかしげたのは「7番・二塁」で先発した中井についてだった。

「申し訳ない話ではありますが、中井はもう10年目で頭打ちの状態。山本は体こそ大きくないですが、パンチ力があるし、打席での粘りも出てきている。試合に出続ければそれなりの数字は残すと見ています。何よりも試合に出て経験を積ませていかないことには、本人の成長につながらない。巨人の泣きどころの二塁を埋める条件を兼ね備えているのは山本だと思いますよ」

 この日までの77試合でスタメンで二塁を守ったのは6人で、その内訳は中井の44試合を筆頭に山本(14試合)、クルーズ(7試合)、辻(7試合)、脇谷(4試合)、吉川尚(1試合)。打率は中井の2割2分5厘に対して山本は2割1分6厘と大差はなく「将来性を考えても、我慢して山本を使い続けるべきじゃないですか」(同)と強調した。

 2年目の山本には、井端内野守備走塁コーチが連日のマンツーマン指導で英才教育を施している。しかし、誰を使っていくのかについては、首脳陣の中でも明確な答えが出ていない。

 コーチの一人は「山本はガッツがある。辻(現在は登録抹消中)と競争させながらレギュラーを勝ち取ってほしい」と言えば、チームスタッフは「コーチの中には(外野手の)重信を二塁に推す意見もある。公式戦でまだ守ったことはないが、まっさらな状態なのでクセもついていない。足も速いので、モノになれば広い守備範囲が見込めるという見立てです」と打ち明けた。

 候補はいても、決め手に欠ける巨人の二塁事情。その着地点はまだ見えてこない。

最終更新:7/8(土) 16:07
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報