ここから本文です

ノムさん、巨人と対決 抑え・江夏、4番・門田!? OB戦のホークス総監督就任で話題満載

7/8(土) 16:56配信

夕刊フジ

 元南海(現ソフトバンク)監督の野村克也氏(82)が来年2月10日にサンマリン宮崎で開催される「ジャイアンツVSホークスOB親善試合」のホークス総監督を受諾した。

 ノムさんが2日に楽天-ソフトバンク戦(コボパーク)の取材に訪れた際、ソフトバンクの球団幹部が要請。「巨人の総監督は長嶋(茂雄)なのに、ホークスが俺じゃ釣り合わないやろ」とボヤキながらも快諾した。

 1977年、シーズン残り2試合で南海を追われ、そこから距離を置いていた。ソフトバンクから依頼された2013年の球団創立75周年記念企画に出席し、36年ぶりに南海のユニホームに袖を通したが、上下を披露するのは41年ぶりとなる。

 ホークスのメンバーは秋山幸二氏、小久保裕紀氏、城島健司氏らが出場予定だが、ノムさんがともにプレーした選手で発表されているのは今のところ藤原満氏だけ。

 「南海の懐かしいメンバーは集まるのかな? 南海の三悪人・江夏(豊氏)、江本(孟紀氏)、門田(博光氏)は来るのかな? 江夏はお祭り好きだから来るやろ」と再会を心待ち。抑え・江夏、4番・門田、江夏-野村の黄金バッテリー対ONなど話題は満載だ。

 「お祭りだよ、お祭り」とは言うものの、グラウンドで17年ぶりに対峙すれば“長嶋には負けられん”という思いが湧いてくるはず。因縁の巨人戦で“監督通算1566勝目”を目指す。

最終更新:7/8(土) 16:56
夕刊フジ