ここから本文です

ソフトバンク来た今季初単独首位 柳田22号!豪雨被害の九州に勇気届けた

7/8(土) 9:00配信

デイリースポーツ

 「日本ハム1-4ソフトバンク」(7日、札幌ドーム)

 チームの願いが七夕の夜にかなった。北の大地で今季3度目の5連勝。今季初の単独首位に躍り出た。ソフトバンク・工藤公康監督(54)は「ありがとうございます。また次も勝てるように」と少しだけ表情を緩めた。

 柳田のフルスイングが試合の流れを決めた。今宮の適時打で先制した直後の三回1死一塁。「自分のポイントでしっかり捉えられた」。有原の149キロをすくい上げ、左中間最深部に運ぶ2試合連発の22号2ランだ。

 6月の月間MVPを受賞した3番打者は、7月も好調をキープ。本塁打と打点はリーグトップで、打率も2位と打撃3冠も視野に入る。頸椎(けいつい)捻挫から復帰した内川はまだ完全な状態ではないだけに、柳田の存在感は増すばかりだ。

 遊飛に終わった五回の第3打席で右脚に自打球を当て、直後の守備から退いた。試合中に検査のため病院に直行。右膝の打撲と診断された。8日の出場について、工藤監督は「様子を見て確認してから」と話した。

 球宴まで残り4試合。札幌での日本ハム戦の後には、本拠地福岡での楽天2連戦が待つ。記録的な豪雨で大きな被害を受けた九州を勇気づけるためにも、がっちり首位をキープして、前半戦を終えたい。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/17(木) 5:10