ここから本文です

アニメ化まだですか? 藤井四段を「ヒカルの碁」風に描いた妄想イラスト「ソウタの棋」が秀逸

7/8(土) 21:48配信

ねとらぼ

 史上最年少プロ棋士の藤井聡太四段を、漫画「ヒカルの碁」風に描いたイラスト「ソウタの棋」が話題になっています。クオリティーが高すぎてアニメ化も信じるレベル……!

【画像:TAKUMIさんの画集】

 将棋の歴代最多連勝記録を30年ぶりに更新した「藤井四段」を主人公に、古い将棋盤を見つけたところに現れた“謎の老人”として、先日77歳でプロ将棋棋士を引退した将棋界のレジェント「加藤一二三」さんが登場! ――そんな誰もが見てみたい将棋アニメのビジュアルイメージのようなイラストが、漫画家・小畑健先生風に描かれています。

 他にも登場人物として、藤井四段の連勝を止めた「佐々木勇気五段」に「澤田真吾六段」、またカツラ芸(?)でお馴染みの「佐藤紳哉七段」や“ハッシー”の愛称で知られる「橋本崇載八段」に、女流棋士「里見香奈」さんから「佐藤天彦名人」「渡辺明竜王」、そして「羽生善治三冠」までがその人とわかる形でキャラクター化されています。

 こうやってあらためて見ると、将棋界の皆さんのキャラがすごい立っているのがわかる……。

 投稿したのはイラストレーターのTAKUMIさんで、「新番組『ソウタの棋』土曜深夜1時30分スタート。『冴えろ!ひふみんアイ!!』」と番組予告っぽいツイートとともに投稿。これに「すごい」「完璧」といった声が多く寄せられ、「(漫画で)読みたい」といった声も上がる反響となっています。

 ちなみにイラストでは、自転車を漕ぐ姿で個人投資家のすでに引退した棋士「桐谷広人」さんもさり気なく描かれていて、そこに「秀逸」「胸熱」と反応する人も見られました。

最終更新:7/9(日) 11:41
ねとらぼ