ここから本文です

「鋼の錬金術師」山田涼介&本田翼がパリに、ファン4000人の歓声に感激

7/8(土) 12:18配信

映画ナタリー

「鋼の錬金術師」のワールド弾丸ツアー第2弾が現地時間7月7日にフランス・パリにて行われ、エドワード・エルリック役の山田涼介(Hey! Say! JUMP)、ウィンリィ・ロックベル役の本田翼、監督の曽利文彦が出席した。

【写真】本田翼(他33枚)

約4000人が収容可能な「Japan Expo 2017」最大のステージに登壇した3人。山田は「僕で本当によかったのかな、と最初は思っていた」と出演のオファーを受けた際の心境を明かし、そんな山田について曽利は「エドの役は全世界探しても山田さんしかいなかった」と太鼓判を押す。原作ファンでもある本田は「兄弟愛を描いていますし、感動できるし、面白いし、観ていてわくわくする、そんな作品だと思います」と本作の魅力をアピールした。

続いて特別フッテージ映像が上映されると、会場のいたるところから歓声が上がる。観客の反応を受けて、山田は「めちゃくちゃうれしかったです。観たままの感動をくれたので」と大感激。そしてイタリアでの撮影を、山田は「真っ赤なマントを着て歩くというのは日本だったらあり得ないですけど、イタリアだったら馴染めたので、楽しかったです」と、本田は「街も景色もとても素敵でしたけれど、何よりご飯がおいしくて食べ過ぎてしまいました(笑)」と振り返る。

なおアメリカ・ロサンゼルスで現地時間7月3日に催された「Anime Expo 2017」には、山田と曽利が登壇。ツアーの第1弾にあたる本イベントでは、山田がエドの走り方を披露して会場を沸かせ、「ぜひ『鋼の錬金術師』をよろしくお願いします。愛してください」とファンに語りかける。さらに原作者・荒川弘からの「マンガで書いた愛すべきキャラクターたちがこっちの世界に立ってる!ってわくわく感。エドを演じてくれた山田涼介くんは凄くカッコイイし、ウィンリィ・本田翼さんは凄くカワイイです! 二人のかけあいもテンポ良くて楽しい!」というサプライズコメントも公開されるなど、イベントは盛況のうちに終了した。

「鋼の錬金術師」は、幼き日に最愛の母親を亡くした国家錬金術師のエドワードと、その弟・アルフォンスの波乱に満ちた冒険と成長を描いた作品。12月1日より全国でロードショー。

荒川弘サプライズコメント
マンガは自分の子供で、そこから派生したアニメだったり、ゲームだったり、今回は実写版映画ですけど、まぁ孫みたいなもので笑、海を越え一人でバンバン冒険してきなさい!みたいな心境です笑
そして映像、私も拝見しました。マンガで書いた愛すべきキャラクターたちがこっちの世界に立ってる!ってわくわく感。エドを演じてくれた山田涼介くんは凄くカッコイイよ!
世界の皆様、カワイイ孫を宜しくお願いします!



(c)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (c)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

最終更新:7/8(土) 12:18
映画ナタリー