ここから本文です

J1広島 好調・横浜Mと1―1ドローで価値ある勝ち点1

7/8(土) 21:49配信

東スポWeb

 まさかの降格圏に低迷するJ1広島は8日、後半戦開始となった横浜M戦(日産)に1―1で引分けて、リーグ戦の連敗を4でストップさせた。

 4日に森保一監督(48)の辞任が発表され、横内昭展ヘッドコーチ(49)が暫定監督として指揮を執る初めての一戦。0―0の後半36分に横浜MのMF前田直輝(22)に先制点を許したが、MFアンデルソン・ロペス(23)が意地を見せた。終了間際の後半45分。強烈なシュートをゴールに突き刺して同点に追いつき、勝ち点1をゲットした。

 横内監督は「選手には一滴もエネルギーは残っていないと思うが、振り絞って勝ち点1をもぎ取ってくれた。選手に感謝している」とイレブンをたたえた。

 欲しかった勝利こそならなかったが、リーグ戦5連勝中の好調チームから挙げた勝ち点1は価値あるもの。J1残留に向けて、わずかながら光明が差し込んだ。

最終更新:7/8(土) 21:49
東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合