ここから本文です

琵琶湖汽船130周年スタンプラリー 手ぬぐいプレゼント 滋賀

7/8(土) 7:55配信

産経新聞

 琵琶湖汽船(大津市)は、前身会社の開業から今年で130周年となることを記念し、琵琶湖で運航している4つの定期観光路線すべての乗船者にオリジナル手ぬぐいをプレゼントするキャンペーンを行っている。

 同社は、明治20年に開業した湖南汽船がルーツ。遊覧船による琵琶湖観光を続けてきた。130年を迎え、琵琶湖の良さを知ってもらおうと、企画した。

 手ぬぐいには、同社のシンボル的な遊覧船「ミシガン」のほか、昭和26~57年に運行され、戦後の湖上観光を支えた「玻璃丸(はりまる)」などが、琵琶湖の名所とともにデザインされている。

 キャンペーンの対象となる4つの路線は、湖の南側の南湖を巡る「ミシガンクルーズ」や、大津港から竹生島(滋賀県長浜市)を巡る「ぐるっとびわ湖島めぐり」など。専用のスタンプ帳を配布し、利用した路線でスタンプを押してもらう。

 4月にスタンプ帳の配布を始め、すでに数人の達成者が出ているという。同社は「今後も未来に向けて運航を続けるきっかけにしたい」と話している。期間は11月30日まで。

最終更新:7/8(土) 7:55
産経新聞