ここから本文です

【福島新馬戦】ダイワメジャー産駒フィルハーモニーが上がり最速で大外一気の差し切り

7/8(土) 13:20配信

スポーツ報知

 8日の福島5R・2歳新馬戦(芝1200メートル=12頭立て)は、3番人気だったダイワメジャー産駒のフィルハーモニー(牝、美浦・中舘英二厩舎)が、大外から一気に差し切り、初勝利を飾った。勝ち時計は1分11秒0。

 まずまずのスタートを決めたが、控える形で道中は馬群の後方を追走。4角7番手から大外に持ち出すと、残り1ハロン付近からスピードに乗った。2番人気のテルキーネスが抜け出したところを、ゴール直前で一気にかわし去った。

 上がり最速34秒7の末脚が光り、柴田大騎手は「1200メートルは忙しいみたいで、前半は置かれてしまったけど、あそこから差し切ったんだから能力は相当高い。今後が楽しみ」と、思わず笑顔を浮かべた。

最終更新:7/8(土) 15:25
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ