ここから本文です

【函館新馬戦】ガウラミディ、ゴール前の大激戦を鼻差制す

7/8(土) 14:07配信

スポーツ報知

 8日の函館6Rの新馬戦(ダート1000メートル、6頭立て)は、2番人気でフリオーソ産駒のガウラミディ(牝、栗東・佐藤正雄厩舎)が勝利を収めた。勝ちタイムは1分1秒9。

 スタートはそこまで速くなかったが、徐々にポジションを押し上げ4コーナー2番手で迎えた直線。最後は3頭横一線の競り合いとなり、タイム差なしで鼻、鼻差の大激戦を制した。「最後でよくかわしてくれた。根性もあるし、良かったです」と城戸はホッとした表情を浮かべた。

最終更新:7/8(土) 14:12
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ