ここから本文です

高杉真宙の裸は“しなやか”!?主演作「逆光の頃」舞台あいさつでバラされた

7/8(土) 15:10配信

スポーツ報知

 俳優の高杉真宙(21)が8日、主演映画「逆光の頃」(小林啓一監督)の初日舞台あいさつを東京・新宿のシネマカリテで行った。

 京都に暮らす男子高校生の日々を描いた、タナカカツキ氏の同名コミックが原作。足かけ2年にわたり京都でのロケを敢行した高杉は「京都で青春を過ごすことができた。みなさんに青春のおすそわけができたら」と満足げに語った。京都ロケでは共演の清水尋也(18)とサウナに出かけたことも。清水は「裸の付き合いをさせていただいた。真宙の裸をみるのは初めてだったけど…。一言で言えば『しなやか』でした」とニヤリ。赤裸々な発言に、高杉は「大丈夫なの?」と照れ笑いしていた。葵わかな(19)、金子大地(20)らも出席。

最終更新:7/8(土) 15:25
スポーツ報知