ここから本文です

巨人が連勝 内海は2勝目「最後のチャンスと思った」中井が4号など3安打4打点

7/8(土) 21:32配信

デイリースポーツ

 「阪神1-8巨人」(8日、甲子園球場)

 巨人がカード2連勝。先発・内海は5回1失点で自身3カ月ぶりの今季2勝目(5勝)。「めちゃくちゃうれしいです。これがダメだったら1軍はないな。最後のチャンスと思ってマウンドに上がった。(初回の)3点はうれしかったです。反省点はあるが、ファームでやってきことは出せたかなと思う」と喜びを表した。

 内海は甲子園では昨季から3連勝。「いいデータがあったので、そこを信じてデータ頼みだった。高校時代からの憧れの球場なので、マウンドに立てるのはうれしいし、気持ちいい」と語った。

 巨人は初回、阿部の先制適時打と中井の2点適時二塁打で3点を先制。六回は押し出しと坂本勇人の2点適時打で3点を追加。七回も中井の内野ゴロで1点を加え、九回は中井がこの日3安打4打点目となる4号ソロを放った。

 阪神は2連敗。先発・能見が5回3失点で4敗目(3勝)を喫した。初回に福留の内野ゴロで1点。

スポーツナビ 野球情報