ここから本文です

卓球女子 7月は佳純強化月間、馬場監督「マンツーマンで見る」

7/8(土) 21:45配信

デイリースポーツ

 卓球女子日本代表の馬場美香監督が8日、オーストラリア・オープンから成田空港に帰国した。女子シングルスでは平野美宇(エリートアカデミー)、石川佳純(全農)ら日本のトップ勢が初戦敗退となり、「みんな一発目で中国選手とぶつかったので残念だった」と振り返った。

 6月の世界選手権以降、ワールドツアーを3大会転戦し、日本勢はあらためて中国勢に跳ね返された。馬場監督は「(4月のアジア選手権で)平野に敗れてから中国が強くなっている」と話し、「前に比べて、日本に対して最初から最後まで思い切り向かってくるのが試合中の気合や声でもわかる。日本もさらに強化しないと勝てない」と危機感をあらわにした。

 打倒中国への再出発を切る上で、次戦まで期間が空く7月は代表合宿を行う予定だった。しかし、各選手がおのおので合宿などを行うことになったため、「石川の練習をマンツーマンで見る」と、監督つきっきりで“佳純強化月間”にすることを明かした。

 また、石川が世界最高峰の中国スーパーリーグに今秋参戦する意向を示したことについては「強い選手と試合をすれば課題が見つかる」と歓迎。「五輪や世界選手権前になると受け入れてもらえなくなるので、今のうちに行った方がいい。試合で強くなってもらえれば」と後押しした。