ここから本文です

神戸、課題整理し連敗ストップ=Jリーグ

7/8(土) 23:09配信

時事通信

 神戸が快勝で連敗を止めた。ネルシーニョ監督が「プラン通りでとてもいい内容」と褒めたのが前半。前線からの守備で圧力をかけ、ミスを誘って攻めに転じた。ボールを奪ってから素早くパスをつなぎ、三原が先制ゴール。「伊野波さんからすごくいい球がきた。シュートもいいコースに飛んでくれた」と喜んだ。

 この試合に向けてミーティングを重ね、「どこで球を奪いにいくかなどを選手が整理できた」と指揮官は言う。2点目を決めた渡辺は「後半戦へ向けていいスタートが切れた」。中断明けには元ドイツ代表のポドルスキやハーフナーが攻撃陣に加わるが、「与えられたところで力を出す。新しい選手が入ってもやることは変わらない」と力を込めた。

最終更新:7/9(日) 8:38
時事通信