ここから本文です

【西武】昇格したばかりの山川が代打で同点2ラン「チャンスをものにできてよかった」

7/8(土) 21:02配信

スポーツ報知

◆楽天4―2西武(8日、コボパーク宮城)

 西武の山川穂高内野手(25)が、試合終盤に貴重な一発を放った。

 この日の楽天戦から1軍に昇格すると、2点を追う8回2死一塁で代打で登場。楽天の3番手・ハーマンに対して、カウント3ボール1ストライクからの真ん中低め150キロをフルスイング。右翼スタンド最前列に運ぶ、同点の3号2ランとした。

 2軍戦では、1日の日本ハム戦(鎌ケ谷)で調整登板を行った大谷から中越えに本塁打を放つなど状態を上げていただけに、「もう一度チャンスをもらえたので、ものにできてよかった。(打った瞬間に)いったかな、とは思ったけど、球場が広いので『入ってくれ』と思いながら走りました」と振り返った。

 昇格後、第一打席での一発。辻監督も「(長打力は)あいつの持ち味、魅力だから。2アウトになって長打が欲しいところで打ったわけだから、仕事をした。次もチャンスはあるよ」とたたえた。

最終更新:7/27(木) 1:19
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報