ここから本文です

【仙台】「3・11」に続いて神戸に2戦連続完封負け

7/8(土) 23:19配信

スポーツ報知

◆明治安田生命J1リーグ 第18節 神戸3―0仙台(8日・ノエビアスタジアム神戸)

 ベガルタ仙台がアウェーで神戸に完封負けを喫し、今季2度目の3連敗。順位は12位から13位に後退した。

 神戸には今季、3月11日に行われたホーム戦でも0―2で完封負け。リベンジを果たすことはできなかった。

 6月25日のホーム・C大阪戦(2●4)、1日のホーム・G大阪戦(2●3)と、3連敗中は全て先制を許し、3失点以上と守備が乱れている。この日も警戒していたはずのカウンター攻撃を食らった。攻守の要であるボランチの富田晋伍主将(31)は「失点の仕方が相変わらず。ボールの失い方が悪くて失点している。ずっとそういう失点で自分たちを苦しめている」と反省した。

 また、「先制されると『またか』と(いう雰囲気に)なってしまう。そういう中でいかに前向きな声や、行動ができるか」と指摘。約3週間の中断期間に入り、次戦は30日のホーム・柏戦。富田主将は「みんなでイメージを共有させながら、試合が空く期間を有効に使って、挽回していきたい」と、決意を新たにしていた。

最終更新:7/9(日) 1:42
スポーツ報知