ここから本文です

マジプリが豪雨被害の九州に義援金 弟分「九星隊」の活動拠点

7/9(日) 7:04配信

スポーツ報知

 東海地区を拠点に活動する5人組グループ「MAG!C☆PRINCE(マジックプリンス)」が8日、東京・青海のZepp Tokyoで、東京での初単独ライブを行った。同公演のチケット売り上げ、グッズ売り上げの一部を義援金として、九州北部を襲った記録的豪雨の被災者に寄付すると発表した。

 弟分の4人組グループ「九星隊(ナインスターズ)」が同地方で活動中とあって、リーダーの平野泰新(22)は「僕たちも人ごととは思えない。何かできることがないか、考えさせてもらった。今、僕たちが最大限にできることを。少しでも力になれたらいい」と話した。

 九星隊の4人は神妙な表情。隊長の山口託矢(20)は「友人、知人が住んでいる地域では、まだ大変な思いをしている人が多い。この会場のパワーを九州に持って帰りたい」と感謝した。

 マジプリは約2時間、2000人を魅了。「UPDATE」「Over The Rainbow」や、新曲「Dreamland」(10月18日発売)を初披露するなど、18曲を熱唱した。4日が誕生日だった大城光(22)はサプライズで祝福され、大号泣。「お父さんから初めてもらった手紙。大切にしたい」と喜びをかみ締めた。

最終更新:7/9(日) 7:04
スポーツ報知