ここから本文です

30年来の常連、木梨憲武がドラマ『居酒屋ふじ』語りを担当

7/8(土) 14:00配信

オリコン

 お笑いコンビ・とんねるずの木梨憲武が、テレビ東京系できょう8日深夜にスタートする土曜ドラマ24『居酒屋ふじ』(毎週土曜 深0:20~0:50)の語りを担当することが明らかになった。

【写真】店内セットや第1話の場面カット

 同ドラマは、俳優の永山絢斗と大森南朋がダブル主演。東京・中目黒に実在する店「居酒屋ふじ」の店主で、2014年に亡くなった“おやじ”の半生を描いた同名小説『居酒屋ふじ』 (講談社)を原作に、役者を目指すも挫折しかかっている若者・西尾栄一(永山)が、大森(本人役)をはじめ、実名で登場する店の常連たちの語る言葉や、“おやじ”が残した逸話に刺激を受けながら、夢を追い始める姿を描く。

 ドラマの舞台となった実在の居酒屋「ふじ」にゆかりのある俳優陣の出演が発表される中、語りを担当することになった木梨もまた約30年間、「ふじ」に通い続ける常連の一人。亡き店主“おやじ”とも親交の深かった木梨が、「戦後の闇市でのやんちゃなエピソード」や「芸者とのピュアな初恋のエピソード」、「超有名スポーツ選手との泣ける男の約束」など、数々の伝説を残してきた“おやじ”の豪快なエピソードを語る。

 実在の「ふじ」の店内を忠実に再現したセットの写真も公開。壁中に貼られた著名人のサインも、美術スタッフが1枚1枚そっくりに再現したもので、貼ってある位置も実在の店と同じ場所。キャストも声を揃えて「(実在の)『ふじ』に居るみたい」と驚いていたという。

 また、第1話に登場する「ふじ豆腐」は、実在の「ふじ」で実際に出されている看板メニュー。あたたかい豆腐の上にのっている“明太子”も隠し味で味付けされており、いくつでも食べられそうなくらいおいしい一品となっている。

最終更新:7/8(土) 14:52
オリコン