ここから本文です

三浦「人生懸け」再奪取…15日世界戦

7/9(日) 7:47配信

スポーツ報知

 プロボクシングの元WBC世界スーパーフェザー級王者で同級1位・三浦隆司(33)=帝拳=が不退転の決意でベルト再奪取を狙う。都内の所属ジムで8日、同級王者ミゲル・ベルチェルト(メキシコ)とのタイトルマッチ(15日・米カリフォルニア州)に向けた国内調整を打ち上げた。試合前最後となる4回のスパーリングを消化し「足の動きや攻撃など良くできたと思う。自分の人生を懸けた試合になる」と覚悟の強さを示した。

 緊張感は高まるが、家族の存在がいい気分転換になっている。長男・武元(たけはる)くん(5)との七夕のエピソードを披露。「短冊にひらがなで“ぼくしんぐ”としか書かなくて。どうしたいのかと聞いたら『ボクシングをやりたい』と言っていた。癒やされますね」と笑顔を見せた。三浦は9日に渡米し、決戦に備える。

最終更新:7/9(日) 7:47
スポーツ報知