ここから本文です

【横浜M】終了間際に広島に追いつかれる…斎藤「しっかり切り替えたい」

7/9(日) 0:03配信

スポーツ報知

◆明治安田生命J1リーグ 第18節 横浜M1―1広島(8日・日産スタジアム)

 横浜Mは、終了間際に広島に追いつかれ、2013年以来のリーグ戦6連勝を逃した。前節まで16試合に出場していたMFマルティノスがキュラソー代表として北中米・カリブ海選手権出場中のため欠場。代役としてマケドニア代表MFバブンスキーを起用した。

 前半は守備を意識した静かな展開で0―0で折り返した。後半になると攻撃のスイッチを入れ、後半36分、バブンスキーに代わって途中出場したMF前田直輝が、MF斎藤学のスルーパスに走り込み、右足に当てて浮いたボールをヘディングで押し込んで先制した。その後は、リーグ最少失点の固い守備で逃げ切りを狙ったが45分、広島FWアンデルソン・ロペスに同点弾を許した。悔しい引き分けとなったが、順位は一つ上がり5位でリーグ中断期間に入る。斎藤は「自分が決めきれなかった。少し落ち込んだけどしっかり切り替えたい。(チームとしては)何も変える必要はない。しっかり続けたい」と前向きだった。

最終更新:7/27(木) 3:30
スポーツ報知