ここから本文です

鹿島・永山建築JVに優先交渉権 大熊町の役場新庁舎整備

7/8(土) 10:40配信

福島民報

 福島県大熊町が大川原地区に整備する役場新庁舎について、町新庁舎整備公募型プロポーザル技術提案書審査委員会は7日までに、優先交渉権者として鹿島・永山建築設計特定建設工事共同企業体(JV)を選んだ。
 施設は町長室や議場、交流の場となる「おおくまホール」などが入るA棟と災害対策機能を備えるB棟を配置。庁舎前には防災広場「みんなの原っぱ」を設けた。同委員会は周辺の景観になじむ配置計画などを評価した。
 町と同JVはイメージ図を基に予算面などを考慮した上で、2017(平成29)年度内に基本設計と実施設計をまとめる。2018年度に着工し、2019年3月の完成を目指している。

福島民報社

最終更新:7/8(土) 11:22
福島民報