ここから本文です

中核市移行へ同意書 県が福島市に交付

7/8(土) 10:49配信

福島民報

 内堀雅雄福島県知事は7日、県庁で福島市の小林香市長に中核市移行に関する県の同意書を交付した。
 同意書を受けた小林市長は「中核市移行後、市民サービスの向上、地域の個性や特色を生かしたまちづくりを進める。県北の中心都市として近隣市町村と連携し、地域全体の活性化につなげる」と述べた。
 市は3月定例市議会で中核市の指定に向けて総務大臣に申し出を行うと決定。申し出には県の同意が必要となるため5月に県に申し入れていた。県は6月定例県議会で同意について議案を提出し、議決された。
 同意書交付を受け、市は7月から8月をめどに総務大臣に申し出を行う方針。今秋にも中核市の指定に関する政令が公布される見通し。12月定例市議会に法定移譲事務などの関連条例案を提出した上で2018(平成30)年4月の中核市移行を目指す。

福島民報社

最終更新:7/8(土) 11:26
福島民報