ここから本文です

平井堅、4年ぶりの野外ライブ 「梅雨の最中でも雨天の日は一度もない」

7/8(土) 21:00配信

サンケイスポーツ

 歌手、平井堅(45)が8日、山梨・河口湖ステラシアターで20年目を迎えた恒例のライブイベント「Ken’s Bar」を行い、約3000人を熱狂させた。

 富士山を背景に笹をあしらった“七夕仕様”のステージに涼しげな白い浴衣姿で登場し、「『Ken’s Bar』へようこそ! 素晴らしい天候と景色の中で私の歌に酔っていただけたら」とあいさつ。歌手の子門真人(73)の大ヒット曲「およげ!たいやきくん」のカバーで幕開け。女性3人組、Perfumeの代表曲「ナチュラルに恋して」のカバーや新曲「ノンフィクション」など17曲を熱唱。後半のヒット曲「魔法って言っていいかな?」では歌唱中に20年目を祝うかのように夜空に花火が打ち上がり、会場から「うぉ~!」と歓声が起こると、「素晴らしい。われながら粋なことするでしょ!」と笑顔を見せた。

 会場をバーに見立て、酒を楽しみながら観賞できる同ライブは今年で開店20年目。野外ライブは4年ぶりで、「梅雨の最中でも雨天の日は一度もない。安心してください。僕は品行方正で素行良好な芸能人」と笑顔。「これがあの人なら…。真面目に生きてきてよかった」と騒動が続く芸能界を連想させるおちゃめなコメントを繰り出し、股間を指さして「堅のマウントフジはここ。高尾山くらいですけど…」と下ネタでも笑わせた。

 最後は「これからも歌手として皆さんの前でいい歌で歌っていきたい。年を重ねても魂は清らかなままでいけたら。皆さんの前で誠実な歌を歌っていけるように日々生きていきます」と決意表明し、大喝采を浴びた。

 12日には12年ぶりとなるベストアルバム「Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2」を発売する。