ここから本文です

犬のピーコ、登校見守り 稚内の補導員・伊川さんのペット ジャンバーの中からお見送り

7/8(土) 7:01配信

北海道新聞

子供たちに人気「毎朝会うのが楽しみ」

 毎朝、北海道稚内市の稚内中央小の児童たちの登校を見守っている市内恵比須1の少年補導員伊川勝広さん(70)が抱いている飼い犬の「ピーコ」が、子供たちに人気だ。

 ピーコはチワワで7歳の雄。伊川さんは少年補導員になった2011年から見守り活動に参加。ピーコは伊川さんが外出するたびについてくるといい、毎朝の見守りにも参加するように。寒いのが苦手なピーコは、伊川さんのジャンパーの中から顔を出して子供たちを見送るようになった。

 「今では私が水色のジャンパーを着ると、ピーコも準備を始めます」と伊川さん。自宅近くの通学路で午前7時ごろから45分間、旗を持って児童たちに「おはよう」と声をかける。稚内中央小3年の秋元美生さんは「毎朝会うのが楽しみ」と笑顔で話す。

北海道新聞社

最終更新:7/8(土) 7:01
北海道新聞