ここから本文です

マカオ、ぼったくりタクシー検挙数が80%増…17年上半期累計

7/8(土) 16:47配信

マカオ新聞

 近年、マカオでは一部の悪質なタクシードライバーによるぼったくりや乗車拒否が大きな社会問題となっている。消費者利益及び観光都市としてのイメージを著しく毀損する行為として警察と交通当局がパトロールを強化して臨んでいるものの、依然暗躍が続いている状況だ。

 マカオ治安警察局は7月7日、今年上半期(2017年1~6月)のタクシー及び白タクに対する取り締まり状況を公表した。

 上半期累計のタクシーによる違反検挙総数は前年の同じ時期から10%増の2327件で、このうちぼったくりが80%増の1312件、乗車拒否が19%減の626件あり、検挙数全体の83.3%を占めた。

 なお、実際には泣き寝入りなどもあるとみられ、統計に表れない悪質タクシーによる被害が相当数あると予想される。

 マカオは面積約30平方キロメートルの小さな街だが、人口約65万人、年間訪マカオ外客数は約3000万人であるのに対し、タクシー総数は1千台強にとどまっており、需要に追いついていないとの見方もある。

 現行法ではぼったくりや乗車拒否といった違反についてのドライバーへのペナルティが1000パタカ(日本円換算:約1万4160円)の罰金のみという極めて甘い内容であることも指摘されており、罰則強化を盛り込んだ法改正の準備も進められている。マカオ交通事務局は今年2月中旬、ドライバーに対して法律の規定通りに乗務記録をつけるよう呼びかけを行い、検査を厳格化する方針を示した。

 また、今年上半期累計のいわゆる白タクの検挙総数は976件で、このうち850件が配車アプリを使ったサービスだったという。世界各地でスマートフォン向け配車サービスを展開する「Uber(ウーバー)」が一昨年10月にマカオ進出を果たしたが、警察及び交通事務局は同サービスについて白タクにあたるとの見解を示し、取り締まりの対象とする方針を打ち出している。

最終更新:7/8(土) 16:47
マカオ新聞