ここから本文です

タンポポの種、特急列車止める 冷却器フィルターに大量付着 北海道網走市

7/8(土) 7:10配信

北海道新聞

JR北海道「聞いたことない」

 7日午後、北海道網走市のJR網走駅で、同駅発旭川行き特急大雪4号(4両編成)の出発が42分遅れるトラブルがあった。車両点検中にエンジン冷却器の吸気口フィルターにタンポポの種や綿毛が大量に付着しているのが見つかり、除去作業を行った。

 この車両は正午過ぎに札幌発の特急として網走に到着。午前中に石北線旧常紋信号場(生田原―西留辺蘂間)付近を通過した後で、冷却器内の水温が上昇したという。

 列車は折り返し運転の予定だったが、大量の種と綿毛でオーバーヒートする恐れがあり、車庫に回送して取り除いた。JR北海道旭川支社は「タンポポの種の影響で列車が遅れるのは聞いたことがない」としている。

北海道新聞社

最終更新:7/25(火) 18:07
北海道新聞