ここから本文です

日本一の国産コーヒーを

7/8(土) 11:43配信

南海日日新聞

 味の素AGF株式会社(品田英明社長)は7日、東京都新宿区の本社で会見を開き、徳之島コーヒー生産支援プロジェクト事業の概要を明らかにした。鹿児島県徳之島産コーヒー豆の生産量増大に向けて、ビニールハウスの建築や苗木の供給などを支援する計画。同社と丸紅(株)、伊仙町、生産者会の4者で先月26日、事業の協定を結んでいた。4者は国産日本一のコーヒー生産を目指す。
 徳之島では、徳之島コーヒー生産者会の吉玉誠一会長(72)が1982年にコーヒー栽培を始めた。国産コーヒーの可能性を模索していたAGFは徳之島コーヒーの味など品質の高さに着目した一方、台風や土壌のほか、収穫後に使用する精選機や焙煎機の不足などの課題を踏まえ、昨年から現地視察や事業実施に向けた協議を進めてきた。
 生産支援の主な内容は苗木の提供やビニールハウスの建築、AGF専用農園でのコーヒー栽培、精選機や焙煎機といった共有設備の導入検討など。AGFは豆の購買や商品化の検討、丸紅はコーヒー豆の物流、保管管理などを担い、伊仙町はPR活動への協力などを行う。
 2016年度の生産状況は栽培本数約600本、収穫量は約70キロ。5年後には栽培本数1万本、収穫量10トンを目標とする。
 伊仙町内であった事業協定の調印式で、品田社長は「このプロジェクトは日本産コーヒーを将来的には海外の人にも飲んでもらう夢のスタートであり、苦労の始まり。日本一おいしい国産原料コーヒーを目指す。『日本のコーヒーと言えば徳之島コーヒー』といわれるようにしたい」と述べた。
 丸紅飲料原料部の梶原和幸部長は「産地の持続的な生産を可能にする支援や品質へのこだわりなど、これまで学んできたことをプロジェクトに役立て、徳之島の発展に貢献できれば」と語った。
 伊仙町は北緯27度33分に位置。海外の主なコーヒー産地が該当する北緯25度以南~南緯25度以北の範囲から外れている。吉玉会長は「徳之島が一大産地になれば、コーヒー栽培の常識を根底から覆す。世界最北端の生産地を狙う」と力を込め、大久保明町長は「どこにもない価値があるコーヒーの生産に期待したい」と話した。
 同事業の期間は3年間。その後は支援内容を年次的に見直しながら事業を継続する。

奄美の南海日日新聞

最終更新:7/8(土) 11:43
南海日日新聞