ここから本文です

劇場は海の上!? 指原&岡田奈々“船長”率いる挑戦的グループ「STU48」を知り尽くせ!

7/8(土) 12:01配信

dmenu映画

毎年、次から次へと誕生するアイドルグループ。その中でも、AKB48グループは、NGT48やJKT48など、国内外に関連グループが多数存在している。「もはや覚えきれない!」といったうれしい(?)悲鳴が聞こえてきそうだが、そんな中、6月頭に初のオリジナル曲「瀬戸内の声」のミュージックビデオを発表したのが、瀬戸内沿岸7県を拠点に結成された「STU48(瀬戸内48)」だ。

【画像】今年の総選挙でも1位を獲得した、さっしー!

一見すると、「量産型のAKB48グループの一つ」に見えそうだが、しかし、実は他グループと異なる、さまざまな「初」づくしのグループとして注目されているのだ。

瀬戸内地方7県をまたいで活動する、AKB48グループ初の試み!

AKB48グループ8組目(日本国内6組目)の新グループとなるSTU48は、瀬戸内地方7県(広島県・山口県・岡山県・香川県・愛媛県・徳島県・兵庫県)を拠点にしているというのが、まずこれまでのAKB48グループと違うところ。

これまでの国内グループは、一つの都道府県につき1グループで構成されてきただけに、これは画期的。ここ数年、瀬戸内地方では、瀬戸内レモンや瀬戸内国際芸術祭など、さまざまな名産・取り組みなどが話題になっているが、これからSTU48が活躍することで、さらなる地域活性化につながりそうだ。

船酔いは大丈夫!? 劇場は、なんと船の上にある!

また、STU48の特徴として際立っているのが、専用劇場の場所。AKB48グループといえば、結成以来、劇場を活動の拠点としてきたことで有名。STU48は、なんと、その劇場を「船上劇場」としたのだから驚きだ。船が瀬戸内海の主要港を回り、そこで歌やダンスなどの公演を披露するという。アイドルとしてはなかなか斬新な活動だ。船酔いしそうなメンバーはいないのだろうか……と、筆者はちょっと心配になったが、瀬戸内海でアイドルのコンサートを観ることができたら、きっとその喜びもひとしおだろう。

また、センターを務める19歳の瀧野由美子は、まだ名前はあまり知られていないが、今後、要注目の存在。なぜなら、AKB48グループ、乃木坂46や欅坂46など“坂道グループ”の歴代メンバーの中で、最終審査合格から最速で漫画誌(『週刊少年マガジン』)の表紙を飾るという、「史上最速グラビア表紙デビュー」の快挙を成し遂げたからだ。撮影を担当したカメラマンが、「“透明感”という言葉はグラビアではよく使われる言葉だが、彼女の透明感はそれの一つ、二つ上をいく強さを併せ持つ、別次元のもの」と絶賛するほどの存在感を放った。

1/2ページ

最終更新:7/10(月) 18:50
dmenu映画