ここから本文です

飲み会で女性同僚の容姿ネタに“違和感”を感じる僕らが女性を支援する理由

7/8(土) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

職場の飲み会で同僚女性の容姿をネタにする、仕事仲間でも男性だけになるとセクシュアルな話で盛り上がる、女性は優秀でも昇進しにくい ー 。

【画像】座談会メンバー(写真上の左から)

こうした日本の現状に違和感をもつのは、女性だけではない。Facebook COOのシェリル・サンドバーグの大ベストセラー「Lean In」の日本地域の公認団体Lean In Tokyoは昨年3月に発足し、女性が自由に挑戦できる社会をつくろうと活動している。学生から社会人までメンバー25人中、5人は20~30代の男性だ。女性の支援といえば女性が中心になりがちだが、彼らはなぜ動き出したのか。Lean In に参加する5人の男性たちに、座談会形式で、本音を聞いた。

座談会メンバー(写真上の左から)

松木大地さん(28):日系大手メーカー勤務。4人兄弟の母子家庭で育つ。

中野優太郎さん(23):早稲田大学4年生。5月にLean In Waseda(Lean Inの早稲田大学でのサークル)を立ち上げた。

ワーグナー・フェリックスさん(25): 外資系大手戦略コンサルティング会社の東京オフィス勤務。日本人の母とドイツ人の父をもち、日独米で育つ。共同創設者の鈴木さんとは夫婦。

鈴木伶奈さん(26):Lean In Tokyo共同創設者。外資系投資銀行を経てベンチャーキャピタル勤務。投資銀行時代、根強い男性社会に違和感をもつ。シェリル・サンドバーグ氏を訪ねて渡米しLean In Tokyo 設立を決意。フェリックスさんとは夫婦。

ヘルフェルト-小山 ヒロさん(24):外資系大手会計事務所グループ勤務。日本人の母とドイツ人の父をもつ、ドイツ育ち。

青野巧弥さん(31):日系広告会社を経て、外資系大手コンサルティング会社東京オフィス勤務。

男性が男性に違う生き方を見せる

ーみなさんがLean In Tokyoに加わったのはなぜですか

松木さん:自分は母子家庭の4人兄弟の末っ子です。子ども4人を大学に行かせると決意した母が、看護師として夜勤もしながら、大変な思いをして働く姿を見て育ちました。そんな中でがんばって早稲田に入ったのですが、周囲の優秀な女性が、出産や子育てを考えて就職先を変えてしまう。一般職を選んだ人もたくさんいます。仕事の上では不利になってしまうのをみて、すごくもったいないなと。

中野さん:大学では、女性の起業した会社で働いていました。7人中、男性は自分だけ。少数派って発言しにくいんだなと感じました。もうひとつは、インターン先の上司が女性だったこと。女性でも優秀な人はたくさんいるんだなと、そのときすごく思って。友達も女の人は多いですし。そういう人たちが上にいくのが難しいのはやっぱり不条理だなと考えました。みんな女性から生まれているわけです。それなのに、サポートされないのはなんか変だなと思って、活動に参加しています。

フェリックスさん:きっかけは妻ですが、今のモチベーションとしては、すごくイライラするからです。一番が日本で育った中高年の男性で、女性に対して差別的なことを言ったり、セクシュアルな発言をしたり、女性が働きやすくない環境にしている人がいる。その場を見たり聞いたりして、すごく気持ち悪いなと。そのモヤモヤを解消するためにも、もっと女性に活躍できる場を提供したいというのが強い思いです。

ーどんなときにイライラします?

フェリックスさん:男性だけのロッカールームトークになると、普通にエロい話になりますね。それも女性を見下しているような。みんな周りに女性がいるじゃないですか。母親だったり、娘だったり、同僚の女性や妻もいます。なのに、なんでこんなに女性に対してリスペクトがないのだろうと。 ではなぜ私が(Lean Inの活動を)やらないといけないかというと、やっぱりそういう男性って女性の話を聞いてくれないんですね。だからこそ、Lean In Tokyoに男性がいる意羲がすごくある。男性が男性に違う生き方を見せることに、大きな意味があると思っています。

小山さん:私はドイツで育ち、日本に来たのは1年と少し前なんです。ドイツでは女性はけっこう強いです。自信を持っている。キャリアをつくりながら子どもの面倒をみられることが大事なので、政府や会社がシステムを作り、社会がそのシステムを受け入れて進歩しています。日本に来てみると(キャリアと子育ての両立が)それほど普通ではないし、社会でもあまりよく見られてない感じがします。

あと、例えば会社の飲み会で男性が、女性の体型とかスタイルに失礼なコメントをします。ジョークという場合が多いのかもしれませんが、ドイツで同じことをしたら、犯罪なんですよ。女性の前では絶対にアウト。日本ではみんな笑うんです。笑いながら飲んでいました。

1/4ページ