ここから本文です

錦織「どんどん悪いリズムになった」 3時間21分で3回戦敗退<男子テニス>

7/8(土) 3:32配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は7日、男子シングルス3回戦が行われ、2年連続3度目のベスト16進出とはならなかった第9シードの錦織圭は、試合後の会見で「取りきれなかったことがきっかけとなって、どんどん悪いリズムになった」と振り返った。

【錦織、途中棄権続出に言及】

この日、第18シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)の安定したストロークに押された錦織は2セットダウンのピンチに立たされる。第3セットは何とか奪いセットカウント1-2としたが、4-6, 6-7 (3-7), 6-3, 3-6で力尽きた。試合時間は3時間21分。

ファーストサービスの確率は60パーセント、7本のダブルフォルトを犯した錦織は「サーブの入りが良くなく、場面場面によって入れなきゃいけないところで入らなかったり。ダブルフォルトも、もったいないところで何回かあったり」とコメント。

「簡単に4セット目を取れるとは思っていなかった。もどかしさはあった」

今年は右手首や臀部の故障など、怪我に苦しんだことについては「試合にあまり勝っていないので、大きな自信が生まれてこなかったと思う。少しずつ自信がついてくれば、またプレーも変わってくる。このグラスコートでいいプレーを出来ずに、今日は負けてしまった」と述べた。

最後に、今後は7月31日からのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)に出場予定と語った。

「ワシントンには出る予定です。アメリカで3つ戦って、USオープンになると思います」

一方、2年ぶり2度目のベスト16進出を果たしたバウティスタ=アグは、4回戦で第7シードのM・チリッチ(クロアチア)と対戦する。チリッチは3回戦で第26シードのS・ジョンソン(アメリカ)をストレートで破っての勝ち上がり。

tennis365.net

最終更新:7/8(土) 5:13
tennis365.net