ここから本文です

「TWICE」日本上陸に“第2次K―POPブーム”の予感

7/8(土) 16:00配信

スポーツ報知

 日本、韓国、台湾出身のメンバーで構成される女性9人組グループ「TWICE」(トゥワイス)が、6月に日本デビューした。今月2日に東京体育館で行われた日本で初の単独ライブを取材した。

【写真】日本で初の単独ライブを行ったTWICE。前列右端がツウィ

 15年10月の韓国デビューして人気に。6月28日にアルバム「♯TWICE」で日本デビューした9人を見ようと、客席は2公演合計1万5000人で埋め尽くされていた。

 結論から言うと、すごく良かった。「アジアNO1ガールズグループ」の肩書きは、まんざら間違いではなかった。目を引いた彼女たちの魅力を3つあげてみた。

 〈1〉決めポーズがズラリ!「圧巻のパフォーマンス」

 まずは、親指と人さし指でTの字を作って、泣いてる顔文字のような形にする「TTポーズ」。日本でも昨年末から女子中高生がポーズをまねて写真をSNSにアップするなどブームになった。

 まだある。両手を親指と小指を立てて頭の上に掲げて、相手にシグナルを送る気持ちを込めた「チリチリポーズ」も人気だ。ほかにも、握った両こぶしを左右のほほの横で交互にゆらす「シャシャシャポーズ」、ドアをノックするフリの「ノックダンス」などコミカルに披露した。

 日本での初ワンマン。ファンもどう乗っていいのか探り探りの状態だったが、ウェブ動画などで予習はバッチリ。覚えやすいポーズやダンスが多いことで、自然と客席とのシンクロ感が強くなっていったように見えた。

 〈2〉九人九色!「抜群のルックス」

 関西出身のモモ(20)、サナ(20)、ミナ(20)、韓国出身のジヒョ、ナヨン(21)、ジョンヨン(20)、ダヒョン(19)、チェヨン(18)、台湾出身のツウィ(18)の9人。かわいい、セクシー、清楚(せいそ)、クール…。それぞれ違った魅力があって、取材に来ていた報道陣の中でも“推しメン”は分かれた。

 記者は、ツウィを推したい。唯一の台湾出身メンバーで、昨年、アメリカの映画サイト「TC Candler」が選ぶ「世界で最も美しい顔100人」で昨年8位に輝いた美女。6月に18歳になったばかりだが、パフォーマンス中に見せる大人っぽい表情に目をひかれた。

1/2ページ

最終更新:7/8(土) 16:09
スポーツ報知