ここから本文です

マレー 苦戦も10年連続16強、フォニーニとの接戦制す<男子テニス>

7/8(土) 4:57配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は7日、男子シングルス3回戦が行われ、2連覇と3度目の優勝を狙う第1シードのA・マレー(英国)が第28シードのF・フォニーニ(イタリア)に苦戦するも6-2, 4-6, 6-1, 7-5で下し、10年連続11度目のベスト16進出を果たした。

【ウィンブルドン対戦表】

この日、フォニーニに1度もブレークを許さなかったマレーが第1セットを先取。続く第2セットを落としたものの、第3セットをわずか1ゲームしか与えず奪い、4回戦進出に王手をかける。

第4セットは、フォニーニに先にブレークを許し、一時はセットポイントを握られるも第9ゲームでブレークバックに成功。粘るフォニーニを振り切って接戦を制した。

4回戦では、世界ランク46位のB・ペール(フランス)と対戦する。ペールは、3回戦で同141位のJ・ヤノヴィッツ(ポーランド)を下しての勝ち上がり。

今大会は、1回戦で世界ランク135位のA・バブリク(カザフスタン)、2回戦で同97位のD・ブラウン(ドイツ)を下して3回戦に駒を進めた。

ウィンブルドンには今年で12度目の出場。2013・2016年には優勝を飾っている。

今季は、グランドスラム初戦の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で4回戦敗退。ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)でタイトルを獲得するも、その後は早期敗退が続いた。

全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では、復調の兆しを見せてベスト4に進出。しかし、前哨戦のAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)ではまさかの初戦敗退を喫すると、臀部の痛みを理由に出場予定だったエキシビションマッチを見送った。

tennis365.net

最終更新:7/8(土) 4:57
tennis365.net