ここから本文です

熊本の観光特急「あそぼーい!」、地元・阿蘇で運行再開 震災後初、復興の力に

7/8(土) 15:30配信

乗りものニュース

熊本市方面は鉄道がいまだ不通 厳しさ続く阿蘇

 JR九州の観光特急「あそぼーい!」が2017年7月8日(土)、その名の由来である熊本・阿蘇での定期的な運行を再開。2016年4月の熊本地震後、はじめてのことです。

この記事の画像をもっと見る(20枚)

 観光特急「あそぼーい!」は2011年6月、豊肥(ほうひ)本線の熊本駅と宮地駅(熊本県阿蘇市)を結ぶ列車として登場。しかし熊本地震で豊肥本線が被災し、その区間での運転ができなくなりました。豊肥本線は現在も熊本市方面と阿蘇方面のあいだ(肥後大津~阿蘇間)で不通状態が続いており、復旧工事は始まっているものの、いまだ運転再開の見込みはたっていません。

 そうしたなか今回、豊肥本線の熊本駅とは反対側、大分駅方面から走る形で、観光特急「あそぼーい!」が阿蘇へ帰ってきました(震災後、定期的に運行される観光特急「あそぼーい!」は阿蘇を走っていなかったが、団体列車としては走ったことがある)。2017年12月までの金、土、日曜日を中心に、別府~阿蘇間で1往復、大分~阿蘇間で1往復、あわせて1日に4本が運行されます。

 JR九州によると、熊本地震で大きな被害を受けた熊本・大分地区は、政府の「九州ふっこう割」などにより少しずつ観光客が戻っているものの、豊肥本線や国道の一部がいまだ復旧していない熊本県の阿蘇地区は、厳しい状況が続いているとのこと。

 また、阿蘇市経済部観光課の秦 美保子課長は「鉄道で熊本市方面から阿蘇へ来られなくなり、インバウンドのお客様が以前のこの時期なら大勢いらしたのですが、いまはとても少なくなりました」と話します。

 そうしたなかJR九州は、阿蘇の復興を観光面で後押ししたい思いなどから今回、豊肥本線の大分側から阿蘇へ観光特急「あそぼーい!」を運行することにしたそうです。阿蘇市観光課の秦課長は「熊本市方面からは難しくても、大分方面からはこの『あそぼーい!』など鉄道で来られることを多くの方に知っていただけると復興の力になる」といいます。

1/2ページ