ここから本文です

まだまだマンUの補強は終わらない! モウリーニョ、勝負の2シーズン目へ“4選手“の獲得をリクエスト

7/8(土) 12:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

リーグ制覇にはまだ不十分か

エヴァートンからFWロメル・ルカク獲得に近づいているマンチェスター・ユナイテッドだが、まだまだ補強は完了したとは言えない。すでにベンフィカからセンターバックのヴィクトル・リンデロフを獲得しているものの、来季プレミアリーグ制覇とチャンピオンズリーグでの躍進を目指すならばもう少し選手層を厚くしたいところだ。

ウェストハムのチチャリート狙いに「なぜウチは再獲得しない?」

指揮官ジョゼ・モウリーニョもまだまだ補強を求めており、英『METRO』はあと4人の新戦力をモウリーニョが求めていると伝えている。ポジションはルカクとは別にもう1人のセンターフォワード、さらに彼らにチャンスを提供するウイング、中盤をプロテクトできる守備的MF、そしてサイドバックだ。

ウイングではインテルのイヴァン・ペリシッチの名前が以前から報じられており、チェルシーのウィリアンもターゲットに挙がっていた。2016-17シーズンはサイドにマーカス・ラッシュフォードを回すケースもあったが、チャンスメイクにこだわるならばクロスの質も高いペリシッチらの方が合っているだろう。

守備的MFはチェルシーのネマニャ・マティッチが候補で、他にもサイドバックを務められるモナコのファビーニョなども名前が挙がっている選手だ。サイドバックはアントニオ・バレンシアに負担がかかっていたため、層を厚くする必要があるポジションだ。

リーグ戦でももうトップ4から漏れることは許されないが、マンUはモウリーニョのリクエストに応えられるのか。勝負の2シーズン目へ向けてまだまだ準備は続きそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/