ここから本文です

マレー、ナダル、アンダーソンが16強入り [ウィンブルドン]

7/8(土) 7:33配信

THE TENNIS DAILY

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3~16日/グラスコート)の男子シングルス3回戦で、ディフェンディング・チャンピオンで第1シードのアンディ・マレー(イギリス)が第28シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)を6-2 4-6 6-1 7-5で破り、ベスト16進出を決めた。試合時間は2時間39分。

錦織は3回戦敗退、バウティスタ アグートに初黒星 [ウィンブルドン]

 ウィンブルドンに10年連続12回目の出場となるマレーは、2013年に地元イギリス人男子として77年ぶりの優勝を飾った。昨年は決勝でミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を6-4 7-6(3) 7-6(2)で破り、2度目のタイトル獲得を果たした。

 マレーは4回戦で、ジャージー・ヤノビッチ(ホーランド)を6-2 7-6(3) 6-3で破って勝ち上がったブノワ・ペール(フランス)と対戦する。

 そのほかの試合では、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)とケビン・アンダーソン(南アフリカ)が4回戦に進出。第12シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)と第24シードのサム・クエリー(アメリカ)の試合は、第5セット途中で日没順延となった。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス3回戦 主な試合結果】

○1アンディ・マレー(イギリス)[1] 6-2 4-6 6-1 7-5 ●38ファビオ・フォニーニ(イタリア)[28]

17ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)[12] 2-6 6-3 6-7(5) 6-1 5-6 順延 24サム・クエリー(アメリカ)[24]

○26ケビン・アンダーソン(南アフリカ)7-6(3) 6-4 7-6(3) ●30ルベン・ビーママンズ(ベルギー)[Q]

○33ラファエル・ナダル(スペイン)[4] 6-1 6-4 7-6(3) ●40カレン・カチャノフ(ロシア)[30]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 07: Andy Murray of Great Britain celebrates match point and victory during the Gentlemen's Singles third round match against Fabio Fognini of Italy on day five of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 7, 2017 in London, England. (Photo by Michael Steele/Getty Images)

最終更新:7/8(土) 7:37
THE TENNIS DAILY