ここから本文です

福島県産桃・はつひめに10万円の高値 福島の市場で「初競り」

7/8(土) 11:30配信

福島民友新聞

 全農県本部と福島市、JAふくしま未来などでつくる県くだもの消費拡大委員会は7日、果物の消費拡大につなげようと、同市公設卸売市場で県産桃「はつひめ」の初競りを行った。
 桃の出荷時期に合わせて昨年から行っており、県産果物の情報発信に取り組むミスピーチキャンペーンクルーや市場関係者らが参加した。競りでは、旬を迎え、出荷が本格化した「はつひめ」(18玉入り、5キロ)に10万円の高値が付いた。
 増子稔夫全農県本部副本部長は「農家の皆さんが育て、立派に仕上がった桃を皆さんに届けてほしい」と呼び掛けた。
 今年の桃はやや小玉傾向にあるものの出来は平年並み。主力の「あかつき」は8月上旬ごろに出荷のピークを迎えるという。

福島民友新聞

最終更新:7/8(土) 11:30
福島民友新聞