ここから本文です

第3戦富士予選:国本雄資、”完全制圧”で自身初ポールポジション獲得/スーパーフォーミュラ

7/8(土) 16:00配信

motorsport.com 日本版

 スーパーフォーミュラ第3戦富士の予選が行われ、国本雄資(P.MU / CERUMO・INGING)が予選の3セッションでいずれもトップをマークし、嬉しい自身初ポールポジションを獲得した。

 真夏の陽光降り注ぐ富士スピードウェイは気温32度、路面温度49度というコンディションで予選がスタートした。

 下位5台のグリッドが決まる20分間の予選Q1。各車がアタックを終えた段階で、1分24秒590をマークした関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がトップとなった。小林可夢偉(KCMG)が0.050秒差で続いた。

 残り7分、ノックアウト圏内15番手の中嶋大祐(TCS NAKAJIMA RACING)を先頭に、各車が続々と2回目のアタックに向かった。関口はタイヤのウォームアップに自信があるのか、アタックのタイミングをずらし残り5分を切ってからコースに向かった。

 このアタックでまずトップタイムを記録したのが石浦宏明(P.MU / CERUMO・INGING)。1分23秒861をマークするが、それをチームメイトの国本雄資がさらに0.006秒上回った。関口はあまりタイムが伸びず、10番手止まりとなるも、しっかりとQ2進出を果たした。

 ノックアウトとなったのは、中嶋大祐とナレイン・カーティケヤンのTCS NAKAJIMA RACING勢、塚越広大(REAL RACING)、小暮卓史(B-Max Racing)、大嶋和也(SUNOCO Team LeMans)。トップの国本から大嶋までは、タイム差が1.000秒という熾烈な予選Q1となった。

 トップ8が決まる予選Q2、まずアタックに入ったローゼンクビストは1分24秒093。その後ろの国本は1分23分352というタイムで、Q1同様トップに躍り出た。中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)、関口も彼のタイムには及ばずだった。

 残り時間1分、小林がレクサスコーナーでスピン。ライン上でマシンが止まってしまい、セッションは赤旗中断となった。赤旗の直前にタイムを出したピエール・ガスリー(TEAM 無限)が3番手に飛び込んだ。

 セッション残り時間3分から走行再開。石浦やアンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)、ヤン・マーデンボロー(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)といったドライバーたちがタイムを出せておらず、セッション再開後すぐにコースインし、タイムアタックに向かう。

 石浦は4番手に浮上しQ3進出に成功するも、マーデンボローは9番手でQ3に届かず。10番手以下、ローゼンクビスト、野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、ロッテラー、伊沢拓也(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)となった。赤旗の原因を作ってしまった小林は14番手でQ2敗退となった。

 ポールポジションを争う予選Q3、最初にコースインしたのは中嶋一貴。石浦は最後にコースに入っていく。

 中嶋は1分23秒265をマーク。しかし、セクター3で速さを見せた国本が1分23秒044で3度トップに躍り出た。チームメイトの石浦や、関口も中嶋のタイムは上回ったものの、国本のタイムには届かず、2016年のシリーズチャンピオンである国本が自身初ポールポジションを獲得した。2番手には石浦が入り、P.MU / CERUMO・INGING勢が昨年の最終戦以来となるフロントロー独占を果たした。3番手には関口が続いた。

 ホンダ勢最上位は5番手の山本尚貴(TEAM 無限)。チームメイトのガスリーは8番手だった。

1/2ページ