ここから本文です

いわき商工会議所、創立50周年祝う 復興と発展へ思い一つ

7/8(土) 11:00配信

福島民友新聞

 いわき商工会議所は7日、いわき市で創立50周年記念式典を行い、出席した経済人らが半世紀の節目を祝うとともに、震災からの復興とさらなる発展に向けて思いを一つにした。
 約260人が出席した。震災後に同商議所が取り組んできた活動を映像で紹介した後、小野栄重会頭が「いわき産業フェスタ」(11月24~26日)の開催や、「市中小企業・小規模企業振興基金創設」など七つの記念プロジェクトと今後の活動方針を発表。「浜通り都市圏の中核を担う世界に誇れるような復興モデル都市を目指して『強い企業・強いまち・強い人財』づくりを進め、新たな50年に向けて取り組んでいく」とあいさつした。
 内堀雅雄知事、清水敏男いわき市長、長谷川純一郎いわき青年会議所理事長が祝辞を述べた。
 庄司秀樹、根本克頼両副会頭が経済人としていわきの飛躍を誓う決意を表明した。
 式典後に祝賀パーティーが開かれ、ウクライナのチェルノブイリ出身のカテリーナ・グジーさんが弦楽器バンドゥーラを奏で、50年の節目に花を添えた。

福島民友新聞

最終更新:7/8(土) 11:00
福島民友新聞