ここから本文です

ツォンガ 2日間の死闘に敗れる、全仏OPに続き惜敗<男子テニス>

7/8(土) 21:55配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は8日、男子シングルス3回戦が行われ、第12シードのJW・ツォンガ(フランス)は第24シードのS・クエリー(アメリカ)との2日間におよぶ死闘の末に2-6, 6-3, 6-7 (5-7), 6-1, 5-7のフルセットで敗れ、ベスト16進出とはならなかった。

【錦織、途中棄権続出に言及】

この試合は2-6, 6-3, 6-7 (5-7), 6-1, 5-6の時点で8日へ順延していた。

迎えた第12ゲーム、ツォンガはクエリーにバックハンドのパッシングショットを決められるなどでブレークされ、この日はわずか1ゲームしか戦わずに敗退した。

ツォンガは今年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)1回戦でも崖っぷちから日没順延になり、再開後の翌日にブレークされて1ゲームしか行わずに初戦敗退を喫していた。

一方、2年連続のベスト16進出を果たしたクエリーは、4回戦でK・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。元トップ10プレーヤーのアンダーソンは、3回戦で予選勝者のR・ベーメルマンス(ベルギー)をストレートで下しての勝ち上がり。

クエリーは昨年のウィンブルドン3回戦でN・ジョコビッチ(セルビア)を破る金星をあげている。

tennis365.net

最終更新:7/8(土) 22:03
tennis365.net