ここから本文です

JR郡山駅前「客引き撲滅」体制強化 郡山市など対策協新設へ

7/8(土) 14:29配信

福島民友新聞

 郡山市のJR郡山駅前の繁華街で増加傾向にある客引きを撲滅しようと、同市や郡山署、同市駅前防犯協会は8月下旬までに、商店街や飲食業などと任意で設けている対策会議を発展させて対策協議会を新設し、体制を強化する。2020年の東京五輪を控え、市の玄関口である同駅前の環境改善を図る。
 市などは7日、同市で開いた対策会議で同協議会設立を決めた。市によると、2008(平成20)年に客引き勧誘行為などを防止する条例を県内に先駆けて施行し、月平均で100人近くいた客引きが大幅に減少。その後、東日本大震災などを経て近年は再び増加傾向にあった。
 協議会では役割分担の明確化などを図り、市民や観光客らに客引き利用防止を広報する。協議会は対策会議を構成する34団体でスタート、設立後に入会団体を増やす考え。

福島民友新聞

最終更新:7/8(土) 14:29
福島民友新聞