ここから本文です

中日2年目小笠原、自己ワースト9失点で6回途中KO 連続炎上で2戦計17失点

7/8(土) 16:16配信

Full-Count

DeNA戦で5回2/3を9安打9失点…前回広島戦8失点を上回りワースト更新

 中日の2年目・小笠原慎之介投手が8日、DeNA戦(ナゴヤD)で2戦連続炎上。プロ入り後ワーストの9失点で6回途中KOされた。

 0-0の3回に1死から田中浩、筒香の2者連続タイムリーで2点を先行された。5回には桑原にソロを被弾して3点目を失うと、続く6回に滅多打ちを食らった。

 先頭のロペスに二塁打。2死までこぎつけたが、一、二塁から投手の井納に三塁内野安打を浴びた。続く倉本に中前2点打。桑原の四球で満塁とすると、田中浩に中前2点打を浴び、7点目を失った。

 さらに、筒香に四球を出し、再び満塁としたところで降板。バトンを受けた福谷が左前2点打を打たれたことで小笠原は9失点となった。

 2年目の小笠原は前回1日の広島戦(マツダ)で6回を投げ、プロ入り後ワーストの8失点(自責7)。今回は5回2/3を9安打4四球9失点で自己ワーストを更新する結果となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/8(土) 16:16
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/23(木) 9:55