ここから本文です

国連 核兵器禁止条約を採択

7/8(土) 18:07配信

ホウドウキョク

ニューヨークの国連本部で、核兵器を法的に禁止する史上初の条約が採択された。
核兵器禁止条約の交渉会合には、国連に加盟する193カ国のうち、120カ国以上が参加し、最終日に行われた投票で、122の国と地域が賛成して採択された。
条約は、核兵器の使用や保有、製造などを全面的に禁止するもので、前文には、「被爆者が受けた、容認できない苦しみと損害に留意する」と明記されている。
13歳の時に広島で被爆したサーロー節子さん(85)は、「ありがたいと同時に、言葉が出てこない」と話した。
1歳の時に広島で被爆した藤森俊希さん(73)は、「再び被爆者をつくるなと言って運動をしてきた1人として、胸に来るものがあった」と話した。
一方、アメリカやロシアなどの核保有国や、核の傘に頼る日本は、条約に参加しない見通し。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/8(土) 18:07
ホウドウキョク