ここから本文です

“レブロンとの話し合い”を経て決断、ジェフ・グリーンがキャブスと契約

7/8(土) 16:47配信

バスケットボールキング

 7月8日(日本時間7日)、オーランド・マジックとの契約満了に伴いフリーエージェントになっていたジェフ・グリーンが、クリーブランド・キャバリアーズと1年230万ドル(約2億6000万円)の契約に合意。現地メディア『USA Today Sports』や『ESPN』などが報じた。

 30歳のグリーンは206センチ107キロのスモールフォワード兼パワーフォワード。2007年のNBAドラフト1巡目5位指名で、ケビン・デュラント(ゴールデンステート・ウォリアーズ)とともにシアトル・スーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)へ入団した。その後はボストン・セルティックス、メンフィス・グリズリーズなどに所属し、昨季はレギュラーシーズン計69試合の出場で1試合平均9.2得点を記録。また、2011年には心臓疾患が発覚したが、1年を経て復帰した経験を持つ。

『ESPN』は、グリーンがキャブスとの契約を決断する前に「レブロン・ジェームズとの活発な話し合いがあった」と説明。加えて、「キャブスはこれまで、複数のポジションを守ることができるアスレチックな選手を探していた」と指摘し、「キャブスのベンチはグリーンによって多彩さを得ることができた」と記述した。

BASKETBALL KING

Yahoo!ニュースからのお知らせ