ここから本文です

不適切ジャンパー問題 小田原市が意見箱設置

7/8(土) 7:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 生活保護業務を担当する小田原市生活支援課の職員が不適切なジャンパーを作成・着用していた問題を踏まえ、市は同課の窓口に意見箱を設置した=写真。ケースワーカー(CW)の対応などへの改善点などを募り、今後の業務に反映させる。

 ジャンパー問題を協議した有識者らによる検討会は報告書で、CWの業務が対人支援であることを再認識するため、無記名アンケートの実施や意見箱の設置などを通じて、当事者の声を聞く機会を設けるよう求めていた。寄せられた意見は原則、市のホームページで公表する。

 また市は10日から、フェイスブック「小田原市生活支援課」を始め、市の取り組みを紹介する。