ここから本文です

阪神、巨人戦2カード連続の負け越し 投手陣が全員失点、打線は1点止まり

7/8(土) 21:21配信

ベースボールキング

● 阪神 1 - 8 巨人 ○
<12回戦 甲子園>

 巨人が効率よく加点し、2カード連続の勝ち越し。対する阪神は投打とも振るわず、4投手全員が失点。打線は巨人投手陣の前に、2回以降無得点に封じられた。

 阪神先発の能見は初回、4番阿部に先制適時二塁打を許すと、その後、連続四球で二死満塁とされたあと、7番中井に2点適時二塁打を左翼線へ運ばれた。

 能見は2回途中から11人連続アウトをマークしたが、1-3の5回裏に代打を送られ降板。2回以降は無失点も初回の3失点が重くのしかかり、5回5安打4奪三振3四球の内容で、今季4敗目(3勝)を喫した。

 6回は2番手・藤川を投入したが、こちらも押し出し四球を含む3失点。7回以降に登板した岩崎、山本も1点ずつを失い、巨人打線に計8点を奪われた。

 阪神打線は3点を追う1回裏、1番鳥谷、2番上本の連打で無死一、二塁の好機を作るも、得点は4番福留の内野ゴロの間による1点のみ。内海の前に5回まで1点しか奪えず、6回以降は救援陣に封じられた。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/20(月) 0:20