ここから本文です

マクラーレン「スペック3でのホンダの進化は明らか。パワー向上を確認」/F1オーストリアGP金曜

7/8(土) 15:43配信

オートスポーツweb

 2017年F1オーストリアGPの金曜、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソはフリー走行1=9位/2=8位、ストフェル・バンドーンはフリー走行1=7位/2=12位だった。

F1オーストリアGP金曜会見に、マクラーレンのブーリエ、ホンダの長谷川祐介氏、メルセデスのウォルフが出席した

 ふたりともアップグレード版スペック3パワーユニットを搭載して走行。マシンバランスには満足できないままふたりは初日を終え、アロンソは何度かコースオフし、フロアパネルにダメージを受けた。しかし全体的に有意義な金曜だったとチームは振り返っている。

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
レーシングディレクター エリック・ブーリエ
 オーストリア初日は非常に有意義な一日だった。ホンダがアップグレード版のスペック3パワーユニットを2台ともに導入し、パフォーマンス上、非常に有効な進歩を示しているようだ。

 今日のラップタイムを額面どおりに受け取れば、それなりの競争力はありそうだ。ただ、フェルナンドもストフェルもMCL32が適切に調整されたとは感じていない。
      
 明日の予選までにセットアップを最適化するため、今夜はやるべき作業が山のようにある。でも走行初日はいい形でスタートし、勢いを保てているので、心強く思っている。 


(金曜記者会見で、ホンダのスペック3についてドライバーはどういう感想を述べているかと聞かれ)エンジンは進化した。エンジンのパフォーマンス向上は明らかであり、そのために速さも増している。パワーが向上し、エンジンをより効率的に活用できる。これまで使用してきたエンジンと比べてパフォーマンスが増した。

(アゼルバイジャンでの今季初入賞について語り)すでにこのプロジェクトは3年目だ。望んでいた状況とはかけ離れたところからスタートした。今シーズン序盤に少し後退したが、ようやく、目標としている上位復帰に向けて正しい軌道に戻ったと思う。

[オートスポーツweb ]