ここから本文です

ベッテルがトップタイム【タイム結果】F1オーストリアGPフリー走行3回目

7/8(土) 19:20配信

オートスポーツweb

 7月8日、2017年F1第9戦オーストリアGPのフリー走行3回目が行われた。 

 気温22℃、路面温度30℃、ドライコンディションのなか行われたセッションはフェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムをマークした。

2017年F1第9戦オーストリアGP FP3のフェルナンド・アロンソは15番手

 セッション4分が経過し、1コーナーを回ったところでカルロス・サインツJr.がストップ。さっそく黄旗が提示された。サインツはコース上にストップした状態のまま、ピットからの指示を受けエンジンの再始動を試みるが、復帰は叶わずマーシャルにマシンを押されコース脇に退避することになった。

 10分が経過しサインツのマシンの退避が完了したことで、黄旗が解除され続々と各マシンがコースイン、周回を重ねていく。

 まずはマックス・フェルスタッペンがウルトラソフトで1分6秒387でトップタイムをマーク。その後も走行を続けたフェルスタッペンは1分6秒015までタイムを縮めピットへと入った。

 20分が経過し、ベッテルが1分5秒384のトップタイム。2番手はバルテリ・ボッタス、3番手はルイス・ハミルトンが続いている。

 セッション折り返しの段階でフェルナンド・アロンソは、1分6秒843で12番手の位置。トップとは1秒459の差だ。なお、序盤でストップしてしまったサインツも再びマシンに乗り込みコースインを果たしている。

 セッション後半、ウルトラソフトでアタックしたハミルトンが1分5秒361でトップタイム。しかし、残り15分を切ったところでベッテルが1分5秒092を叩き出しハミルトンのタイムを塗り替えた。

 残り10分、ブレーキにトラブルが発生したハミルトンがコースオフ、なんとかコースに復帰したもののスロー走行のままピットへ戻っていった。

 最終的にベッテルがトップを維持したままセッションが終了。2番手はハミルトン、3番手はボッタスとなった。マクラーレンのストフェル・バンド―ンは13番手、アロンソは15番手でセッションを終えている。

■2017年F1第9戦オーストリアGPフリー走行3回目結果
オーストリアGP オーストリア:レッドブル・リンク
Pos./No./Driver/Team/Time/Laps
1/5/S.ベッテル/フェラーリ/1'05.092/18
2/44/L.ハミルトン/メルセデス/1'05.361/21
3/77/V.ボッタス/メルセデス/1'05.515/19
4/7/K.ライコネン/フェラーリ/1'05.611/19
5/33/M.フェルスタッペン/レッドブル/1'05.784/24
6/3/D.リカルド/レッドブル/1'05.896/29
7/20/K.マグヌッセン/ハース/1'05.936/21
8/8/R.グロージャン/ハース/1'06.015/22
9/26/D.クビアト/トロロッソ/1'06.279/28
10/55/C.サインツJr./トロロッソ/1'06.284/19
11/31/E.オコン/Fインディア/1'06.374/26
12/27/N.ヒュルケンベルグ/ルノー/1'06.563/18
13/2/S.バンドーン/マクラーレン/1'06.578/18
14/30/J.パーマー/ルノー/1'06.595/22
15/14/F.アロンソ/マクラーレン/1'06.599/20
16/18/L.ストロール/ウイリアムズ/1'06.776/22
17/19/F.マッサ/ウイリアムズ/1'06.865/24
18/11/S.ペレス/Fインディア/1'06.875/28
19/9/M.エリクソン/ザウバー/1'07.378/21
20/94/P.ウェーレイン/ザウバー/1'07.468/25



[オートスポーツweb ]