ここから本文です

アロンソのF1パワーユニットにトラブル。旧仕様の“スペック2”に戻す

7/8(土) 21:06配信

オートスポーツweb

 F1オーストリアGPの金曜夜、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソのパワーユニットに問題が見つかり、土曜FP3前にスペック3のエンジンから以前の仕様のものに載せ替えられたことが分かった。

アロンソは今回も入賞を狙いたいと述べている

 ホンダはオーストリアにアップデート版スペック3エンジンを導入、金曜からアロンソとストフェル・バンドーンの両マシンに搭載、データから向上が見られるとのポジティブな感想をホンダF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介氏とマクラーレンのレーシングディレクター、エリック・ブーリエがともに、金曜プラクティス後に述べていた。しかし、その日の夜にアロンソのパワーユニットのMGU-Hに問題が見つかったため、パワーユニット全体を前の仕様である“スペック2”に戻したことが明らかになった。

「昨夜、フェルナンドのMGU-Hに問題を発見しました」とホンダのスポークスパーソンがコメントしたとNBC Sportsが伝えた。

「彼のPUを、すでにこれまでのグランプリで使用したコンポーネントを装着したものに交換しました。そのため、(グリッド降格)ペナルティは受けません」
   
「ICEはアゼルバイジャンの2日目に使用したスペック2です」    

[オートスポーツweb ]