ここから本文です

七夕の夜にぎわう 田辺市銀座商店街

7/8(土) 17:00配信

紀伊民報

 七夕の7日夜、和歌山県田辺市の銀座商店街で七夕まつりがあった。ササ飾りや出店が並ぶ通りを、多くの家族連れや浴衣姿の子どもたちが訪れた。

 田辺市銀座商店街振興組合が主催。各店舗の前にスーパーボールすくいやかき氷、フランクフルト、ジュースなどの店が並んだ。市内の幼稚園や保育園の園児、小学生が願い事を書いた短冊がササに飾られ、訪れた人は飾りを見上げながら通りを歩いた。自分の短冊を探す子どもたちもいた。

 この日は近くの海蔵寺(南新町)でも「七夕さんの縁日in海蔵寺」(実行委員会主催)があり、風船やソフトクリーム、焼き鳥といった屋台が並んだ。田辺市のNPO「南紀こどもステーション」のソーラン団らが、紙相撲や紙のこまなどを手作りして遊ぶ「工作と遊びの部屋」を開いた。

 JA紀南田辺支所(南新町)は、イベントに合わせて女性職員が浴衣姿で勤務した。

最終更新:7/8(土) 17:06
紀伊民報